経験など関係なく歳をとるだけ女性の好みが激しく…

経験など関係なく歳をとるだけ女性の好みが激しく…

30代での恋愛の大概の人の陥る失敗パターン

気になる人、好きな女性、気になる女性、これから将来の事を深く考えだすのがおおよそ30代に差し掛かる頃だと思います。
そこで皆さんは【早く結婚しないと】【早く恋人を見つけないと】と、パートナーを探すように焦り色々な人に嘆いてるなんて事ありますよね??
しかし、それを口にはしているけれども、歳をとればとるだけ、そして次に出逢った人がきっと最後の人だろうという歳からすると、普段言っている言葉の焦りと実際異性に会った時に、付き合おうかと思ったかというアンケートを取った際、【まだ他にもっと良い人がいるかもしれない】とその瞬間を見送りにしたというケースが何度もあるという事が調査結果で出ていました。
焦れば焦る程、これは現状の自分の心理学になってしまうので、中々難しいとは思いますが、歳をとればとるほど、恋愛をしたいという思いと恋愛ができない状況を作り出しているのは意外と自分という事がわかります。

 

20代の頃は「この人しか好きになれない」という熱い想いがあったでしょう。しかし、そう上手くはいきません。浮気を相手にされたり、色々な人と出逢う年頃なので、「次付き合う人はこういう人が良いな」と自ら自分が浮気をした事もあるかと思います。
そこで、得た知識というのは【こういう人は二度と付き合いたくない】【二度と失敗したくない】こういう学んだ知識こそが結婚を目の前にしている30代には足かせになっているのではないでしょうか。
もし相性が悪かったらバツイチになってしまう。この恐怖心から口癖で結婚したいとしか言えず、出逢えたとしても踏み込む事のできない心境。

 

そして30代になると、そこに仕事のキャリアもついてくる年頃。
相手はどんな仕事をしているのか、生活は自分一人でもしっかりできる人なのか、どんな経験をしてきたのか、20代の頃に付き合ってた軽はずみの恋愛よりも重くとらえがち。

 

女性も、付き合いたいという事よりも結婚したいが先行してしまい、その焦りから厳選をしているにも関わらず焦りからこの人で良いと思い込んでしまう部分もあり。

 

普段怒らないけど、怒ったら何をするか分からない人のような、慎重になりすぎて付き合う事ができないのに結婚を前提にいきなり付き合ってしまい、結果離婚という。

 

30代は自分で自分を苦しめて、厳選をして恋愛ができない心境、環境を作り上げた上で焦りから普通の恋愛という自然なカテゴリーから飛び越えて結婚まで話が飛躍して、結果失敗するというとても難しい時期に差し掛かっています。

 

そこにふまえ、30代ともなると、周囲の友人は結婚や出産話にもなります。
またしても女性はそれを聞いて焦りだします。自分ですら深層心理の中で焦り首を絞めているにも関わらず、親や家族にも「そろそろ結婚しなさいよ」など、友人の幸せな言葉を周囲から自然と聞くようになり、それがまた負のスパイラルになって、好きになった人と結婚をするではなく、気になった人と結婚をするという安易な行動をとってしまいます。

 

それに対して男性も、女性のその責めに「この女性は誰にでもそうなのか?」「よく分からないけど、付き合ってみようかな」という所から、結婚まで自然に流れていってしまいます。

 

その割には30代というと、仕事が大事な頃。出世も含め、気になった相手は出来たが、仕事を疎かになんて少しでも出来る時期ではありません。
しかし、そこに限っては恋愛感を持ち込んでくるのは女性です。
とりあえず付き合ってみたが、まだ2人の自然体というものが構築されておらず、仕事だとは分かっているし、付き合ってるという形にはなっているが、実際その人の魅力や、良い所、ダメな所の深い部分まで分かっていなく、付き合っていて、男性は悪い事をした訳でもないのに20代前半の恋愛のような喧嘩を男性に吹っ掛けてしまいます。

 

そうすると、男性は女性を愛したい気持ちは普通にあるが、何故怒ってるのか分からない、何が不満なのか、そんなに怒ってばかりいるならそもそも付き合った理由が知りたいと結局破局してしまいます。

 

これがまだ結婚する前だとしたら、この30代の恋愛での落とし穴を学べただけ良しとしましょう。もしそこをどうにか乗り越えて結婚をしてしまった後にこのような事が起きた時には、もう【離婚】というものが待っています。これはバツイチという次のステップにいくにしても大きな障害として自分を苦しめ続けるでしょう。

 

30代で色々と不安な事はあるでしょうし、圧力や深層心理で良く分からないけど焦っているという状況になるケースがほとんどですが、だからこそしっかりとした恋愛をしなければ30代の恋愛は20代と違って悲惨な出来事になるという事を心にとどめてこれからの恋愛を客観的に、冷静に成長させていきましょうね。

トップへ戻る